他人の土俵では何が起こっても黙るしかない

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

ツイッターのアカウントが
いきなり凍結される声を聞きます。

ニュースとかでも騒がれたりしてますよね。

少し有名な人とかが
「アカウント凍結の理由を教えろ!」
「表現の自由はどこだ!」
とかなんとか叫んでたり。

騒いでる人達はそもそもの前提を
忘れてしまってるなーと思います。

いろいろ言いたくなる気持ちは
すごくわかります。

僕もフォロワー22万人が
一瞬で吹っ飛んで
稼ぎがゼロになりましたから。

「ルール違反してないでしょ!」
「なんでだよ!!」とか。

でも残念ながら
そんなグチグチ言う
権利はないです。

前提として私たちはツイッターを
無料で使っているからです。

他人の家に住ませてもらってる
ただの居候ってことです。

居候が何言っても意味がありません。

住ませてもらってる代わりに
家の掃除とか食器洗いみたいな
お手伝いをしたとしても、

家のオーナーに気に食わないことがあれば
「出てけ!」と一言で終わります。

理由を聞いても教えてくれないですし
そもそも教える必要もないわけです。

すぐに出ていかなければいけません。

ツイッターであれば
アカウント凍結ってことです。

それだけ居候はリスクが
高いということを
再認識してもらえたらと思っています。

確かに今でも
ツイッターでアフィリエイトしたり
商品を販売したりすることもできますが
いつダメになるか見当もつきません。

だからツイッターなどの
無料サービス1つに全力をかけていると
不安定なのは確実ですし

アカウントが消されたら
精神的にかなり落ちるってことです。

無料ブログもそうです。

いくらクオリティの高い記事を
投稿していてお客さんがいっぱいいても
運営側が「なんか気に食わない」って思ったら
問答無用で消されます。

どんな正当な理由があろうとです。

なので、
僕がやるべきだと
お伝えしていることは
自分で所有できる媒体を持とう!
ということです。

1番始めに持つべき媒体は
独自ブログです。

ここを中心に情報発信をすることで
稼ぎを安定させることができるからです。

独自ブログを持つということは
あなた自身がオーナーです。

所有権があるということですから
誰になんと言われようと
消されたりすることはありません。

またツイッターだけじゃなく
無料のサービスで使えるのは
たくさんありますから

それらをメインではなく
サブの集客媒体として
使っていくことで
お客さんを集めることができます。

そうすることで
もしアカウントが凍結しても
精神的に落ちることがなく

また新しいアカウントを作って
集客すればいいだけの話なんです。

また他人の土俵で必要以上に
怒鳴っていると

運営側だけじゃなく
周りからも嫌われる
原因にもなりますので
注意が必要ですね。

以上です。

今日も仕組み作っていきましょー。

それではまた!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は東京の会社に勤めていたとき
毎日、朝から夜遅くまで
奴隷のように働かされていました。

土日も休みがない状態が長く続き
ある日突然、体がボロボロに壊れ、
難病を患うことになってしまったのです。

心もズタズタに傷つき
過酷な労働環境をきっかけに
難病ニートへ転落することに。

「こんな人生で終わるのは嫌だ!」
と強く感じるようになったときに
ネットビジネスと出会いました。

体調に気を配りながら
仕組みを作っていったところ
今では毎月60万円以上を
安定的に稼げるようになりました。

しかも仕組みが僕の代わりに働いてくれるので
何もすることがない状態です。

自由なんて存在するはずがないと思っていましたが
体や心を最優先に考えながら
クリエイティブな仕事をしたり

好きなときに遊んで
好きなときに寝るような
ライフスタイルを送れているので

自由は存在したのかと
常識が180度ひっくり返りました。

仕組みを持つことで
「寝坊・遅刻・通勤」という
悩ましい大きな敵がキレイに消えたことも
かなり価値観崩壊しましたね。

下記の記事では、
過酷な労働環境から難病ニートへ転落し
月収60万円を稼ぐに至るまでの
ストーリーを載せています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事