オファーって意識してますか?【めちゃくちゃ重要な理由】

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

オファーというのは
ビジネスだけじゃなくて

恋愛でもオファーを使いますし
友達同士でもオファーを使いますし
普段のコミュニケーション全般で
必要になってくる概念です。

そんなオファーについて
お伝えしていきますね。

まず、僕が考えているオファーの定義は
「相手に行動させるための提案」
を指しています。

だからオファー自体に
良い悪いは存在しないです。

ただ、
どんなオファーをするかによって
良い悪いが出ててきます。

これを伝えると
「そうなんだ!知らなかった!」と
言ってくれる人が意外とたくさんいるので
伝えがいがあるんですよね。

オファー=相手に行動させるための提案

この公式を頭に入れて
日常生活を見てみると
本当にオファーだらけ
だということがわかります。

友達に「今からラーメン食い行かね?」と
誘うのもオファーですし、

女性に「今度ディズニーランドに行こう」と
デートに誘うこともオファーですし、

子どもに「今日は学校で何をしたの?」と
聞くことすらもオファーになります。

他にもまだまだあります。

メールを読んでもらうことも
電話に出てもらうことも
すべてオファーなのです。

ビジネスでのオファーになると
商品を購入してもらうこともオファーであり
仕事を手伝ってもらうこともオファーであり

相手を動かすための提案なら
すべてオファーってことです。

ここで悪いオファーをしてしまうと
相手に行動させることができないため
あなたの目的は達成できずに終わります。

どうしてかっていうと
悪いオファーを受ける側になると
めちゃくちゃわかりやすいです。

自分に必要のない商品を
買うようにオファーされても
うっとうしいだけじゃないですか?

「この商品は買ったほうが良いですよ!」
「持ってないと損しますよ!」
「購入するなら今が良いですよ!」

とか、なんとか言われたら
ストレスが溜まるレベルです。

完全に悪いオファーです。

他にも

つまらないメールが来ても
読みたくないですよね。

「返信すんのめんどくせー」って
気持ちになると思います。

Lineでの会話も全く同じです。

会話することにメリットがないとか
つまんねーとか思われたら
既読にならないですよね。

既読無視ってやつです。
既読がつけば良い方です。
読んでもらってるわけですから。

一番ひどいのは
既読すらならない未読無視ってやつです。

他にも例えば、
女性をデートに誘うときに
相手にメリットがなかったら
うまくごまかされたり
速攻でNGが出たりします。

お金を持ってるとか
仕事ができるとか
人脈が広いとか
イケメンだとか
話しがめちゃくちゃ面白いとか
一緒にいるだけで楽しいとか

何か女性にとって
メリットに感じる要素がないと
デートに行く意味がないですよね。

しかも女性は
男性が想像する以上に
デートのオファーが舞い込んで来ています。

男性とは比べものにならないほどです。

Aさんは面白くて、仕事もできて、カッコイイ。
Bさんは面白いけど、自慢が多いかな。
Cさんは。。。面白くない。。

仮に3人から同時にオファーが来たとします。

女性がどの誘いに乗るかといったら
絶対Aさんになりますよね。

Aさんにはそれだけ
女性に与えるメリットが多いからです。

つまり、
悪いオファーをしていると
信頼を落とす結果に繋がりますし、
結果を出すことが難しくなるってことです。

一方で良いオファーになると
デートをしてくれるようなったり
商品を買ってくれるようになったり、

メールを送っても読んでくれて
しっかり返信してくれるようになるわけです。

すべてオファーが上手いかどうかなんですよ。

恋愛も
コミュニケーションも
ビジネスも

すべてオファーにかかっています。

そしてメリットがなければ
相手は動いてくれないということです。

この大きな原因としてあるのは
オファーは相手の時間を奪うからです。

どんなオファーであれ
提案すること自体時間を奪っていますし
受け入れたら行動するための時間も
奪うことになりますから

「メリットなさそうだな」と思われたら
そのオファーを受け入れることはありません。

つまり
悪いオファー=相手のメリットがない
良いオファー=相手のメリットがある

オファーはこの2つに分かれます。

そして、
相手にメリットがあるオファーをする
というのはもはや当然のことです。

そうしないと
コミュニケーション自体
成り立たないですし、

ビジネスで結果を出すことは
難しくなってくるでしょう。

なので、オファーをしているのに
なかなか思うように相手が動いてくれないとか

期待するほどの結果が
出ていないということであれば

あなた自身が今
良いオファーをしているのか
悪いオファーをしているのか
という視点で見てみると
解決するきっかけになりますので
ぜひ取り入れて見ることをオススメします。

あなたのオファーに対して
相手にメリットがあるかどうかってことですね。

「ちゃんとメリット入ってるよ!でも上手くいかない」
って場合は、メリットが足りない可能性があるので
そこを修正すると、だいぶ変わってくるはずです。

またこちらの記事でオファーを
より強力にするやり方をお伝えしていますので
ぜひ、ご覧ください。

オファーを強力にするものはこの2つ『自己重要感』&『希少性』

それではまた!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は難病を患ってしまい
収入もすべて失ってしまって
人生1番のどん底を味っていたのですが、

思い切ってネットビジネスをやってみたら
月収60万円を安定して稼げるようになりました。

さらに言うと、僕の代わりに働いてくれる
資産という名の「仕組み」を作ったので
何もしなくても稼ぐことができています。

こんなことを聞くと
胡散臭くて、怪しさ100点満点だと
感じてしまうと思います。

メッチャわかります。
僕も初めは同じ気持ちでしたから。

僕は胡散臭いと思いながらも
ネットビジネスの世界を調べて
仕組みを持ったことで人生が激変しました。

怪しく思い、疑いながらも、
行動した決断は本当に良かったと思ってます。

ネットビジネスをやることで
稼げるし、頭良くなるし
出会い増えるし、友達できるし
感謝されるし、世界が広くなるし
マジでいいことばかりです。

ほんの少しでも興味が出た人は、
下記の記事を読むことでネットビジネスの世界が
より鮮明に見えるようになります。

さかもんのどん底人生の全貌から
仕組み化との出会い、
そして自由なライフスタイルを手に入れる物語です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事