『農業』から学ぶコンテンツ提供の仕組みとは?

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

今回は僕が
自分で企画を考えたり、
コンサルをしたり
情報発信メディアを運営する中で
考えている鉄則をお伝えしようと思います。

これらに共通しているのは
コンテンツになります。

人が価値を感じるコンテンツを
提供しているからこそ
僕はお金を稼ぐことができているわけで

ネットビジネスをしている人にとっては
1番と言っても間違いじゃないほど
重要なところです。

そんなコンテンツの作り方について
『農業』の考え方を交えて
お伝えしていきます。

シンプルに伝えると
①生産→②調理→③提供

この3つの工程があります。

野菜を作ってから
お客さんに食べてもらうまでの流れですね。

これをすべてコンテンツ作りに当てはめていくと
いろいろ見えてくるものがあります。

まず①生産ですが、
ネットビジネスでいえば、
コンテンツそのものです。

文章だったり
写真だったり
音声だったり
動画だったり

もっと言うと
ストーリー
シナリオなども
コンテンツに含まれます。

ミクロな視点で言うならば、

ブログ記事
Twitterのつぶやき
YouTubeの動画
メルマガ
PDF

とかです。

料理を提供するには
素材を生産しないと
何も食べることができない。

ネットビジネスだと
コンテンツを生産しないと
価値を提供することができない。
ってことです。

これがないと何も始まらないし
何も進まない。

ブログで結果を出したいなら
たくさんブログ記事を書きましょう。

SNSでやっていくと決めたら
SNSの投稿を続けましょう。

なんでもいいんですよ。

動画でもいいし、記事でもいいです。
コンテンツを作るための思考や知識があれば
今後一生困ることはないです。

それだけ『生産』という
大前提が存在しています。

また自分でコンテンツ生産が難しい場合や
クオリティの低いコンテンツであれば、

外注化することで
コンテンツを大量に生産できます。

例えば、
まとめサイトの記事とか
簡易的なレビュー記事、
トレント系のニュース記事などですね。

話題になっているニュースを
まとめてちょっと感想を書いてもらうだけで
サイトからアクセスを引っ張ってくることが
可能になります。

またこの程度のコンテンツ『生産』こそが
1番外注化しやすい部分でもあります。

自分の代わりに
ブログ記事を書いてもらったり
SNSの投稿も人に任せらるんです。

やり方次第で。

料理人が農家に頼んで
野菜を作ってもらう。

そんなイメージを持つと
わかりやすいです。

こだわりが強い料理人は
自分で野菜作りしてますが、

それには限界があったりするので
普通は人に任せるわけです。

ネットビジネスに関しても
ブログを全部一人でやろうとしたりすると
キリがありません。

人に任せるところは任せて
自分でしかできない作業をやっていくことが
とても重要になります。

基本はどんどん外注化したほうが
手っ取り早いということです。

①生産→②調理→③提供

野菜を作ったら
次の工程は②の調理です。

どんな風に調理をすれば
お客さんが喜んでくれるのか?

これが大事になってきます。

素材の旨みをそのまま引き出すのか?
蒸すのか?
焼くのか?
煮るのか?

この工程次第でお客さんの
満足度がかなり変わってきます。

ネットビジネスであれば
コンテンツを作るスキルです。

魅力のあるコンテンツなのか?
わかりやすいコンテンツなのか?
感動するコンテンツなのか?
ためになるコンテンツなのか?

すべて『調理』次第で
お客さんの満足度が変わってるんですよ。

ここである事例を見てみましょう。

小麦粉は小麦から取れる
穀粉になりますが、

いくら小麦粉を生産して
それをそのままレストランで出しても
注文が入ることはないでしょう。

小麦粉というコンテンツだけだと
お客さんから価値として認められないからです。

だから料理人は調理をします。

うどんを作ったり
お好み焼きを作ったり
ホットケーキを作ったり
ラーメンを作ったり

まだまだ調理法はあります。

・ドーナッツ
・シュークリーム
・ピザ
・パン
・クレープ
・たこ焼き
・パスタ

などなど。

小麦粉という素材を調理したからこそ
上記の料理が誕生したり
多くの人たちが食べて
食欲を満たすようになったわけです。

私たちが生まれた時から
様々な調理法ができているので
それが当たり前だと思っていますが、

お好み焼きとか
うどんとか
パスタとか

美味しいものを食べれるのは
すべてこの『調理』の力があってこそなんですよ。

小麦粉の素材の段階で買う人たちも
結局は調理して人に食べてもらうために
していることですからね。

手を加えることで価値が増すってところは
すごく重要な視点なので覚えておくといいです。

だからネットビジネスでもそうですが
『調理』する方法を覚えると
コンテンツの価値が10倍にも100倍にも膨れ上がるよと
お伝えしているわけですね。

相手がどう喜んでくれるか?

ってところです。

これは生産をたくさんやったり
知識を身に付けることで
めちゃくちゃスキルが上がってきます。

人を惹きつける力になりますし
日頃からどんなコンテンツを作ればいいか
考えると答えが見えてくるようになります。

最後になりました。

①生産→②調理→③提供

③の提供です。

提供の仕方です。

どんなにいいコンテンツを
調理したとしても
提供の仕方が下手ければ
失敗してしまったり
かなりの機会損失になってしまいます。

料理で言えば、
料理を提供する順番を気をつけたり
提供する量を気をつけないといけません。

コース料理を食べる時に
1番始めにデザートが来たりしたら
「えっ?いきなり??」と
幻滅してしまうかもしれませんし、

毎回、毎回
前菜しかこないなんてレストランがあったら
お客さんに満足してもらえるわけがないですよね。

いくらデザートや前菜が美味しかったとしても。

料理でもそうですし
ネットビジネスでもそうですが、
お客さんへの提供の仕方は
とても重要になります。

配置と言っても大丈夫です。
どの場面で提供するかが重要です。

例えば、
セールスするときに
初めから「こんな商品は3日間限定です!」
みたいなことを言われても、

「ってか何なのこの商品?」と
ツッコミが入るでしょう。

通常は商品やサービスを知ってもらうために
プレゼント動画を送ったり
お客さんの声を入れたり
どんな結果が得られるかを伝えたり
機能的価値を伝えたり

先に買ってもらうためのアプローチではなく
知ってもらうためのアプローチを行います。

順番通りに伝えていくことで
最終的に商品を買ってもらうようになるわけなので
この『お客さんへの提供の仕方』は
めちゃくちゃ重要になります。

漫画でもドラマでもそうですが
いきなりオチを言われても面白くないはずです。

また、
少しだけ提供の仕方を変えるだけで
売り上げがガラッと変化します。

ブログやSNS、メルマガなど
webマーケティングを行うときには
アクセスや成約率などはとても重要です。

1つ1つの数字を測定することで
どんな順番でコンテンツを提供すればいいか
推測しやすくなりますので、
マーケティングを意識するなら
知っておくべき考え方になります。

例えば、
ブログ構築している人なら

全体の何割くらい役に立つ記事を書くのか?
プロフィール系の記事はどれくらいにすればいいか?
リンクへの誘導文はもっと強めに行くか?
内部リンクはどこに挿入するか?

など、少し修正するだけで
アクセスデータが2倍に向上するとか
よくある話なんです。

まぁ逆もあります。

いじったら
クリック率が3分の1に減ったとか。

提供の仕方をマスターするには
ABテストが欠かせません。

これは地味でめんどうな作業になりますが、
1つずつABテストしていくと
膨大な重要データが集まり
1番効果的な配置がわかるようになるからです。

お客さんにコンテンツを提供する順番ということです。

マーケティングの世界で
広告を打つとか、
宣伝そのものは結局運で決まるとか
ギャンブルだとか言われることもありますが、

測定して、データを取れば
高い確率で結果を出すことができます。

ABテストで結果が出ているところに
全力投球していくことになりますから
間違いを減らすことができるわけです。

最後になりますが、
ネットビジネスというと
ネットの中で起きている出来事なので
なかなかイメージ出来なかったりするかもしません。

そんな時は農業から作られて食べ物が
どうやってお客さんの口まで運ばれるか
この過程を考えてみるとわかり易いはずです。

①生産→②調理→③提供

ネットビジネスも本質的なところは
変わらないので。

いきなり②の調理も出来なければ
③の提供してお金を稼ぐこともできません。

最初はどんなことがあろうと
①でコンテンツを生み出すことをしないと
何も始まらない。

ということは
わかってもらえたんじゃないかと思います。

あとは②の調理することで
価値が増強すること。

③提供で順番や量で
お客さんの満足度が変化すること。

かなり重要ですし、
マーケティングは奥が深いので
最初のさわりとして、
ビジネスの参考にしてみてください。

さわりとしても超重要な概念ですので。

それではまた〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は難病ニートで
1円すら稼げないダメ人間でしたが、
今では毎月60万円を稼ぐようになりました。
235万円を超えた月もあります。

こんなことが実現できたのは
何もしてなくてもお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからなんです。

「めちゃくちゃ怪しい」
と感じてしまうと思いますが、
・知ってるか知らないか
・やるかやらないか
これだけの差しかないんだということが
わかりました。

どんな人でもできます。

ビジネスをやることで
お金は稼げるし、時間は増えるし
頭は良くなるし、コミュ力上がるし
感謝されるし、自信も付くし
本当にメリットだらけです。

一歩だけでもいいです。
前に足を踏み出すだけで
見える世界が変わってきます。

下記の記事では、ダメ人間だった僕が
月収60万円の仕組みを作る物語を公開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事