ネット起業という選択肢が増えたことによって、自宅でお金を稼げるようになったのは革命的だと痛感する。

会社に行かなくてもいいし、時間に縛られることもないわけで、自分で好きな時に仕組みを作って、仕事をして、収入を得ることができるようになったから。

ネットがない時代であれば、自宅で稼ぐ手段なんてほとんどなかった。

小説家として自宅篭って、執筆活動をするとか、陶芸家として、芸術作品を作るとかだ。こんなの才能の世界であって誰でもできるわけじゃない。ハードルが高いのはご存知の通り。

ところがネット起業だと誰でもできる。知識と行動さえあれば誰でもできる。ニートだろうが、引きこもりだろうが、チャンスありまくりなんだ。

だってネットで稼ぐ選択肢がメチャクチャ増えたから。価値提供できる裾野が広がって、一人で収入を得るビジネスモデルが増えた。まじで楽な時代になったものだ。

というのも、僕自身が難病を患って、ひきこもりと化し、一般的には社会不適合者へ転落したわけだけど、ネット起業がきっかけで、お金を稼ぐようになり、自由な時間を手に入れ、見違えるように変わった。

ネット起業そのものに頭が上がらないのだ。同じように働きたくても働けない人はたくさんいるけど、心の底からネット起業を勧めたい。顔出しする必要がないとか、現在の能力がなくても大丈夫だとか、参入へのハードルが低い割にはメチャクチャ稼ぐポテンシャルを秘めているから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事