ゴミ売って年収1000万円。

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

流木ビジネスの記事を書いていたら
ゴミビジネスのことを思い出したので、
今回はそれについてシェアしようと思います。

お金持ちスペシャル特番みたいなテレビに
出てきたおじいちゃんのお話ですが、
ゴミを売って年収1000万円以上に
なったと紹介されていました。

そのおじいちゃんが
どんなゴミを売ったのかっていうと
『切り株』です。

切り株って加工しづらいので
そのまま放置されるのが普通です。

価値がないゴミとして
扱われている切り株なんですけど、
おじいちゃんはそこに目をつけたわけです。

切り株を持ち帰って
輪切りにカットして
木のプレートとして販売したんです。

直径の大きさや厚さで値段が変わってきますが
1枚1000円~3000円で販売していて
僕は思わず「高いな〜」と言ってしまいました。

腐ってそうな切り株を見てたせいか
「誰も買わないでしょ!笑」なんて思っていたのですが、

フタを開けてみると
いろんなレストランとか飲食業界から
注文が殺到してバカ売れしたというお話です。

実際にレストランで使われている映像を見ると
確かにオシャレだなと感じました。

木のプレートの上には生ハムとかチーズとか乗ってて
思わず「うまそう~~」とそそられるくらいだったんです。

お店の雰囲気にも合っているし
ゴミからオシャレな食器に生まれ変わった瞬間でした。

結果、おじいちゃんは年収1000万越え。

僕はゴミビジネス話がちょー好きです。

ビジネス的にたくさんの魅力があるからです。

大きく分けると3つでしょうか。

1つ目に切り株はタダだということです。

一切お金をかけることなく
商品の原石を手にすることは

ビジネスでのリスクを
かなり抑えられるわけですから

資金繰りで経営がきつくなる
可能性をかなり下げてくれます。

2つ目にマイナスからプラスに変えている点です。

ゴミ同然の切り株に価値を与えて
プラスに持っていっているわけですから
カッコよさすら感じます。

3つ目はみんなWInWinの関係を築いている点です。

切り株ビジネスの凄さって
ここが1番だと思っているんですけど

切り株がゴミってことは
周りの人から嫌われてた存在なんですよ。

邪魔だけど捨てられない。

そんなところに救世主のおじいちゃんが
「もらってっていいかい?」と言ってくるわけです。

土地のオーナーからしたら
「どうぞどうぞ!」となりますよね。

それでプレートとして販売することで
おじいちゃんが儲かり、料理人も喜び
そのプレートで食事をするお客さんも喜ぶ。

あきらかにマイナスだった存在を
プラスの存在に変えて
周りの人をWinWinの関係にしてるんです。

このテレビを見たのが
大学生のときくらいだったでしょうか。

だいぶ前になりますが、

ふと思い出して、

考えてみると、

『価値を提供して、対価を得る』

ビジネスの原理原則を素直に守っているから
おじいちゃんが年収1000万円超えているんだなと
あらためて感じたんですよね。

インターネットビジネスになったとたん
価値を与えるって部分がごっそり抜けちゃってる
人がたくさんいます。

・基礎
・原理
・原則
・ルール
・決まり

いろんな言い方がありますが
ビジネスで結果が出る『型』は存在しますし
素直に守ることで自然と結果がついてきますので

「価値を与えて、対価を得る」

これを口ぐせでつい言ってしまうくらい
体にも脳みそにも染み込ませた方がいいですね。

それではまた。

ちなみに流木ビジネスの記事はこちらです。
→「流木,売り切れ」ってメルカリで今すぐ検索してみて!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学生時代はいわゆる落ちこぼれで
勉強が嫌いで嫌いでしょうがなく
成績はいつも酷かったですが

ネットビジネスをきっかけに
月収60万円を稼ぐようになってから
新しい知識を学ぶことが好きになりました。

学習という威力を肌で実感できて
実益のある学びは本来ものすごく楽しいものだと
気づかされたのです。

ビジネスの知識を学んで
実際に使っていくことで

頭が良くなって見える世界が広くなるし
人から感謝されながらお金稼げるし

コミュ力も上がるし、自信も付くし
マジでいいことありすぎです。

起業やビジネスと聞くと
なんか難しそうなイメージがありますが、
ネットの使い方をちょっと知る程度でも
十分に成果を出すことができるので
本当に誰でもチャンスがあります。

知ってるか知らないか。
やるかやらないか。
これだけの差しかないんですよね。

下記の記事では
落ちこぼれだった過去から
ネットビジネスをきっかけに
月収60万円を稼ぐまでに至った
ストーリーを公開しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事