『稼げる人』と『稼げない人』に関する4つのタイプ。あなたはどれに入る?

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

今回は『稼げる人』と『稼げない人』を
4つのタイプに分けてみたので
それぞれの特徴を中心に
お伝えしていこうと思います。

そんな4つのタイプは
こちらです。

①バカで行動も遅い人

②バカで行動は早い人

③頭が良くて行動が遅い人

④頭が良くて行動も早い人

このブログを読んでいる人は
おそらくビジネスをやっている。

あるいはビジネスに興味を
持っている人だと思いますので、

あなたがどのタイプに入っているか
考えてみましょう。

客観的な要素は入れなくてもいいです。

主観で「自分はこのタイプだ」という
感じで決めてもらって構いません。

10秒くらいでいいので
ささっと決めてみてください。

4つの中のうち
どれになりました?

ちなみに僕は

①→③→②の順番で
タイプを意識して変えていきました。

①バカで行動も遅い人

③頭が良くて行動が遅い人

②バカで行動は早い人

こんな順番です。

それぞれ1つずつ説明していきますね。

まず④の頭が良くて行動も早い人

本来はこれが理想であり、
最強のタイプですが、
なかなか成れるものでもありません。

地頭が良かったり
頭の回転が早かったりと
何かしらセンスが必要です。

ただ、こういった頭の回転とか
センスとかなどは
後天的な努力で身に付けることができます。

なれるのであれば
誰もが目指すべきだと思います。

なったところで損することなんてないですし
むしろ良いことばかりです。

けど、簡単にはなれないという
現実があるってことですね。
ハードルが高いです。

次に③の頭が良くて行動が遅い人ですが、
頭が良いから何もできなくなるってことが
よく起こります。

知識を頭に入れると
先の先の先の先まで
展開が読めてしまうんです。

ここまだったら、まだいいですが、
最悪なのが「いかに効率よくやればいいか?」を
永遠と考えることでタイミングを失ったり、
いつまでたっても行動を起こすことができずに
終わってしまうケースなんです。

またいくら頭の良い人とはいっても
『人』が絡んでくるビジネスには
絶対などありません。

人の感情次第で商品を購入するか
しないかが決まってくるので
細かく予測するってのは不可能なんです。

やってみないと結果はわからんってことです。

スポーツでも恋愛も同じです。

大会に出ないと
順位が決まらないし

相手に好意を伝えないと
恋愛関係になるかどうかわからない。

なんでもそうです。

つまり、ずーっと考えてきた
「考え」「計画」「戦略」「理論」などは
机上の空論になってしまう可能性が高くなります。

また、考えがまとまってから
「さぁやるか!」と実務作業に移った時に

ブログ記事は書けない。
YouTube動画で喋れない。
ってことが起こります。

記事を書いた経験が少なかったり
しゃべった経験が少ないので
思ったようなクオリティを出すことができない。

理想と現実のギャップを感じて
また立ち止まってしまう。

こんな残念な結果が
待ち受けているわけです。

挙句の果てには
「こんな意味のない作業はバカがやるものだ!」と
批判だけしてまた別のビジネスモデルを
探す旅に出るという
意味のない行動に出てしまいます。

計画を立てるときの
一種の妄想はとても楽しいですが、
ビジネスはやらないと意味がありませんし
価値を提供しないとお金を稼ぐことができません。

それにですよ。

もっと残念なところとして
「行動できない」ってのも
本人が1番分かってるんですよね。

頭でわかっているのに
考えてしまう。動けない。
そんな状態が永遠と続いてしまう。

これが③の頭が良くて行動が遅い人の特徴です。

どうして動けないかというと
失敗を恐れているからです。

ビジネスとなると
絶対的な答えがないので
自然とリスクを考えてしまいます。

「もしこうなったら失敗する」
「あれこうなったら稼げない」

とかなんとか。

本当に結果を出すのに
必要のないことまで考えてしまって
何も行動できないって人は多いです。

特に高学歴の人になると
③の頭が良くて行動が遅いって
タイプの人が大半を占めます。

失敗したらいけない。
って前提があるし

優秀であるという
自覚も本人にあるので
余計に失敗できない。

それに高学歴だから
何かと就職の面で
困る人はいないわけです。

就職までの道は
ある程度は用意されているわけだから
あえて失敗する可能性が高い
起業を選ぶなんておかしな話しだ
とさえ思うくらいです。

ただ、起業とかネットビジネスになると
正解の道はその真逆にあって
失敗しないといけない
行動しないといけないってことです。

僕はネットビジネスを始めた当初は

業界のことや、ライバルのことを
有名な人、有名な商品、ビジネスモデル
徹底的に調べ上げていました。

結果的に③の頭は良いけど行動が遅い人に
なっていました。

今まで散々お伝えしてきた通り
全然行動できないし
結果が出ないから

「これじゃ何もうまくいかない!」と
奮い立たせて、

②のバカで行動は早い人になることを
決めていったわけです。

サラリーマンとして生きていくマインドから
社長として生きていくマインドに変えたんです。

もちろんこの選択が
僕にとって大正解でした。

本当に何も考えませんし
先を読もうとしたりしません。

情報発信ならブログ、YouTube、メルマガを
ひたすら更新するという
ただやるだけで大丈夫です。

目の前の作業をやるだけ。

やればやるほどデータが溜まりますし
嫌でもスキルが身に付いてきます。

どんな風に伝えたら
読み手が理解してくれるかとか。

やんないと身に付かないこととか
わからないことってたくさんあるんですよ。

意外にできなかったとか
意外と簡単にできたとか

こんな経験を僕はしてきたからこそ
今があると確信しています。

何度も失敗しましたし、
というか意図的に失敗しに行くようになりましたし
失敗するのが普通というマインドです。

だから何もしなくても利益が出るような
仕組みを作ることができました。

しかもこういうのは僕だけじゃないです。

ビジネスで成功してる人の大半が
このバカで行動が速いタイプです。

企業という組織でもそうです。

PDCAとかありますよね。

簡単に言ったら
試行錯誤ってやつです。

実践→改善→実践→改善

これの繰り返しなわけなんですよ。

バカみたいに実践と改善を
猛スピードで繰り返すだけで
結果が出るんですから

ネットビジネスは絶対にやったほうがいいと
僕は伝えたいです。

少しずつ少しずつ
知識が溜まり
経験が増えて
信頼も溜まり

最終的には驚くレベルの利益を出すことができる。

それがネットビジネスの醍醐味ですからね。

それにリスクも少なくやれますし
わざとデータを取るために
失敗もできるような
優秀なビジネスモデルでもあるので
やらない理由がないとさえ僕は感じています。

結果を出すことで自信付くし
コミュ力も上がったし
本当にメリットだらけですよ。

ということで
1番:頭が良くて行動も早い人
2番:バカで行動は早い人
3番:頭が良くて行動が遅い人
4番:バカで行動も遅い人

ビジネスで成功しやすいタイプに
順番をつけるとこんな感じです。

最初から1番を狙うのは難しいので
2番を目指すといいですよ。

・考えながらやる
・試行錯誤
・やんないと結果が出ない
・わざと失敗しに行く
・データを取る
・スキルを磨く

大事なキーワードはこんなところでしょうか。

それでは今日も仕組み作りをやっていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は難病を患ってしまい
収入もすべて失ってしまって
人生1番のどん底を味っていたのですが、

思い切ってネットビジネスをやってみたら
月収60万円を安定して稼げるようになりました。

さらに言うと、僕の代わりに働いてくれる
資産という名の「仕組み」を作ったので
何もしなくても稼ぐことができています。

こんなことを聞くと
胡散臭くて、怪しさ100点満点だと
感じてしまうと思います。

メッチャわかります。
僕も初めは同じ気持ちでしたから。

僕は胡散臭いと思いながらも
ネットビジネスの世界を調べて
仕組みを持ったことで人生が激変しました。

怪しく思い、疑いながらも、
行動した決断は本当に良かったと思ってます。

ネットビジネスをやることで
稼げるし、頭良くなるし
出会い増えるし、友達できるし
感謝されるし、世界が広くなるし
マジでいいことばかりです。

ほんの少しでも興味が出た人は、
下記の記事を読むことでネットビジネスの世界が
より鮮明に見えるようになります。

さかもんのどん底人生の全貌から
仕組み化との出会い、
そして自由なライフスタイルを手に入れる物語です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事