『刺激と反応の間には選択の自由がある』

7つの習慣に書かれてあったことだけど、凄まじい衝撃を受けました。

 

人生トップクラスは間違いないです。

 

おかげで視野がメチャクチャ広がりました。

 

例えば、僕が難病を患った時は「完全拒絶」という反応をしていました。

 

そりゃ当然だと思います。現状治す治療法がないって意味ですから、

一生付き合っていかなければならない病気です。

 

まさか自分が患うとか思っても見なかった。

 

一般的なイメージも「悪いもの、キツいもの、命に危険があるもの」というマイナスなことだと思うし、

実際に辛かったし、認めたくないし、まじでクソだなと思ったし、

メンタルがボロッボロに壊れましたから。

 

過去形で言ってますが、今も付き合ってるので辛いは辛いですが、

『刺激と反応の間には選択の自由がある』という言葉をきっかけに

心だけは救われるようになりました。

 

というのも、今では1つの個性だと思えるようになったからです。

 

なったというか、僕がそう選択したから。

 

難病の解釈すらも自分が選択する自由があるとわかって

完全拒絶ではなくて、1つの個性として認めて、受け入れて

これから生きていこうと決めることができたのです。

 

かなり重い話の事例でしたが、

反応する内容は自分で決められるという事実がある以上

ビジネスの面でもあらゆるところで役立つマインドセットなので

重宝してる知識の一つです。

 

自分の解釈次第で状況変わるなとか

もっと成長できるな

もっと稼げるなとか

そんな場面がたくさんあるわけですから。

 

マインド次第で全てが変わっていきますよ。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事