サイトの価値を上げるためにGoogle Analyticsを使いこなそう

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

今回はGoogle Analyticsを使いこなすことで
サイトの価値を上げることができる
というお話をしていきたいと思います。

運営しているサイトやブログに
Google Analyticsを導入すると
様々な情報を見ることができるようになります。

・セッション
・ユーザー
・ページビュー
・ページ/セッション
・平均セッション時間
・直帰率
・新規セッション率

などです。

というか、
これらがとても大事なデータであり
1番大切な数字になります。

つまり、これらの数字を改善していくことで
自分の運営しているサイトの価値を
上げることができるようになるわけです。

どうやってサイトを上位表示させるのか
対策を取ることが可能だということです。

サイトを運営したことがある人は
上位表示をさせるのは難しいと
感じたことがある人が少なくないと思います。

僕もそんな1人でした。

記事をアップしてから
効果がわかるまで3ヶ月とか
長いものになると半年とか
待つ必要があります。

その間に
「全然アクセスが集まらない」
と焦る気持ちが出てくると思います。

好きな人にメールして
全然反応がないみたいな。

ただただ待ってるだけという笑

そんな状態が続くと
サイトの作り方に問題があるのでは?
と行動しなくなる原因を探ってしまい
結局、更新が途絶えてしまった。

サイト構築も中途半端で
全く行動できなくなったという
致命的な失敗に終わってしまう。
そんなパターンです。

こんな失敗を無くすために
存在してるのがGoogle Analyticsです。

1つずつ簡単に説明すると

・ユーザー
→サイトにアクセスした人

・ページビュー
→ページが表示された回数です。
アクセス数と呼びます。

・セッション
→サイトにアクセスしてから
閉じるまでを1セッションと呼びます。

・ページ/セッション
→1セッションの中で表示された
平均ページ数を指します。

・平均セッション時間
1セッションの中で
どれだけの時間サイトに
滞在させたかを示します。

・直帰率
サイトにアクセスして
1ページで閉じてしまう割合。

サイト運営では
直帰率をできる限り下げることが
収益アップへ繋がる。

・新規セッション率
サイト内に新規でアクセスしてきた
ユーザーの割合。

それで、この中でも
大事なデータというのが
下記の3つです。

・ページ/セッション
・平均セッション時間
・直帰率

この3つに共通してるのは
滞在時間を延ばすこと。

サイトを見ている時間を
長くすれば長くするほど
Googleからの評価が上がり
結果的に上位表示されるということです。

じゃあどうすれば、
滞在時間を延ばすことができるのか?

長く見てもらうように
ユーザーに興味を持ってもらえるような
コンテンツを作ることに限られてきます。

価値ある情報発信ですね。

ユーザーにとって
嬉しい情報とか
役に立つ情報とか

またコンテンツというのは
文章や画像だけではなくて
YouTube動画を挿入すると
自然と滞在時間を上げることができますので
サイトの価値が上がっていくことになります。

もう一つ言うとすれば
やはりコンテンツ量ですね。

いいコンテンツが
サイト内にあればあるほど

ページ/セッションが増えて
平均セッション時間増えて
直帰率も下がることになるわけですから

サイトのリピーターを増やすために
3つの要素を常にGoogle Analyticsで
確認しておくといいです。

数字が下がった上がったなどで
ユーザーのリアル反応が取れることを
意味してますから、
かなり参考になるはずです。

また補足になりますが、
Googleはどうして解析ツールを
無料で提供していると思いますか?

なんでもそうですが
「なぜ?」に対する
自分の考えを持つ人は
かなり賢いです。

答えが正しいか間違っているかというより
何かしらの背景を読み取ったら
推測することです。

今回の疑問もそうです。

僕はGoogle Analyticsを使っていて、
ふと思った疑問がありました。

それがさっきの質問です。

Googleなぜ解析ツールを
無料で提供しているのか?

この背景を考えたことがある人は
ビジネスマンとして
優秀だなと思います。

Google Analyticsは多くの人にとって
あまり発想すらないと思いますが
神レベルに使えるツールなんです。

安心かつ無料で使えますし、
サイトに関する生のデータを
解析してくれるわけですからね。

僕が考えた推測はコレです。

「Googleは広告収入で成り立っているため
ユーザーには長い間サイトを見てて欲しい。

そのためにサイト管理者に
リアルな生をデータを提供して、
より滞在時間の長いサイト作りをしてもらおう。

そんなサイトが増えれば増えるほど
企業の広告を見てもらう機会が多くなるわけだから
自然と広告収入も大きくなる。」

まぁ推測というより
もう答えですけどね。

有料でお金を取るよりも
無料で渡したほうが
Googleの収益が上がるって
判断したからですよね。

別の言い方をすれば
「サイトの成績表あげるから
悪いところは直せよ」ってことです。

まぁGoogleは王様ですからね。
こっちのニュアンスの方が正しいかなと。

Google Analyticsには
こんな背景が眠ってるんです。

サイトの数字は大事だとか
リサーチが大事だとか言われますが、

そのあとのデータの使い方が
わかっていない人が多いので
物事の背景を読み取っていくと
何をすればいいかわかりやすくなりますよ。
っていうのを僕は伝えたいんです。

「当たり前」だと思ってると
なぜ?と問いかけることがなくなるので

常に「常識」を疑えって
ことにも繋がってきます。

今回の場合だと
Google Analyticsがあるのは当たり前だと
多くの人がそう思ってるはずです。

その当たり前にどういう意図があるのか
読み取れるようになるとビジネスで強くなれます。

・セッション
・ユーザー
・ページビュー
・ページ/セッション
・平均セッション時間
・直帰率
・新規セッション率

他にも
何でこれらのデータを
サイト管理者に渡しているのか?

なぜなら
ユーザーにはいろんな種類がいるから
それを判別させるため。

そして、Googleの方針と
サイト運営の方針を一致させるため

だとか色々推測することができます。

この本質を探るってことも
データや数字を扱う上で
重要な思考訓練になるので
常に「なぜ?」と問いかけるのはやった方がいいですね。

最後におさらいとして
この記事でお伝えしたGoogle Analyticsで
わかったことは

①下記の3つの数字を改善する

・ページ/セッション
・平均セッション時間
・直帰率

②サイト滞在時間を増やすのが最大の目的

③そのためにユーザーのためになる
コンテンツ作りを行う

ということです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日はこのへんで終わりにします。

それでは〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は難病を患ってしまい
1円すら稼ぐことのできない
ひきこもりニートへ転落しましたが

ネットビジネスをやってみたところ
今では安定して毎月60万円を超える
収入を得ることできるようになりました。

しかも1秒も働くことなく
お金が稼げている状態です。

一体どういうことなのかというと
ネット上にお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからです。

僕の代わりに仕組みが働いて
お金を稼いできてくれるのです。

仕組みを持てば持つほど
収入が増え続けるので
MAX235万円を稼いだ月もあります。

こんなことを聞くと
「仕組み?なんだそれ?」
「なんか胡散臭い!」と
感じでしまうかもしれません。

僕も最初はそうでした。
胡散臭すぎて拒絶反応が出てましたが、

ネットビジネスの世界のことを
知れば知るほど、
どんな人でもできることが
わかりました。

やるかやらないかの話です。

ビジネスをやることで
「食費がかさむー」
「家賃高けぇ!」
「光熱費やべぇ〜」
といった生活におけるお金に関する悩みは
キレイさっぱり消えますし、

好きなものを買ったり
本当にやりたかったことに挑戦するなど
自由なライフスタイルを手に入れることができます。

1ミリの興味で十分です。
新しいことを受け入れてみようと
アンテナを持つことで
見える世界がガラリと変わってきます。

下記の記事では、
1円すら稼げなかった難病ニートが
月収60万円を稼ぐまでの物語を公開しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事