外注化が僕の人生を変えてくれた大きなきっかけ。

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

僕は自分のことを仕組み家と名乗ったり
ネット上に資産になる仕組みを作ろうぜ!って
言ってるんですけど、

外注化しようぜ!って
言ってるのと同じです。

まだ外注化していない人は
今すぐビジネスに取り入れることを
おすすめします。

いや、
おすすめというよりは必須条件です。

それくらい外注化の威力は凄まじいので。

詳しく説明していきますね。

Googleアドセンスといった
アクセスを集めるだけで
お金が稼げるやり方があります。

必ず検索されるであろう
キーワードを元にブログ記事を書いて
読んでもらうというスタイルです。

芸能人のゴシップのように
瞬間的に読まれるものや

季節の行事といった
一時期に読まれるもの

年中読まれるものなど
種類の幅は広いです。

これが
トレンドアフィリエイトと
呼ばれる手法になります。

他にもSNSにアクセスを集めて
広告を流すやり方とか

まとめサイトとか、

まぁ色々あるんですけど、

僕はこのような
人を集めるだけでお金を稼ぐ手法を
勝手にアクセスビジネスと呼んでいます。

それで、
このアクセスビジネスを
すべて外注化させてるわけです。

どんないいことがあるかというと

①時間が増える
②お金が増える

この2点があります。

ブログの理念に
時間的自由を手に入れる
経済的自由を手に入れる
を掲げているんですけど

外注化戦略を取り入れることで
この2つの目標を達成させるための
手助けをしてくれるんです。

僕は起業してから1年間は
「1人で全部やらないといけない」
「外注化はある程度稼げるようになってから」
とか、思い込んでいました。

ブログ記事を毎日せっせと書いたり
SNS記事をたくさん投稿したり

ムダだなと思える作業も
1人でこなしていました。

ただいつまで経っても
結果が見えなかったりして
自分が正しいのかさえわからなくなる。

そんな不安の中、前に進んでも
余計に負の感情が出てきます。

「このままでいいのか?」
「結果は出るのか?」

結局モチベーションが下がり
作業に手がつかないなんてことも
あったりしたので、

別のアプローチを
いろいろ考えました。

その答えが【外注化戦略】です。

外注化って聞くと
「人雇うのってなんかやだ」
「失敗するのが怖い」
「大変そう」

って感じると思います。

その気持ちすごくわかります。

僕もそうでしたから。

でもやってみると
難しいことはなかったです。

すぐに慣れますし。

外注化を取り入れてからは
ビジネスの成長スピードが
格段に上がりました。

ブログ記事を書いてもらった場合は
複数のライターさんが一斉に記事を
納品してくれるので、

僕はチェックして
記事のアップ作業をするだけですから
それだけで時間が生まれます。

別の作業ができたりしますからね。

自分で記事を書こうと思ったら
1記事40分とか
長いものだと2時間ほどかかります。

そんな作業を自分の代わりに
書いてくれる人が現れたので、
時間が生まれるのは必然ですよね。

しかも毎日ライターさんが
記事を作成してくれるので
ブログという資産がどんどん構築されていきます。

お金を稼ぐ金額も増えて行く
ようになるわけです。

ここまで聞くと

「雇う費用は高いんじゃないの?」

と思うかもしれませんが
実はめちゃくちゃ安いです。

時給に換算すると、
200円くらいで雇えます。

はっ?って感じですよね。

ちゃんと日本語が堪能な
日本人ですよ。

なんでそんなお金で
働いてくれるんですか?
とよく聞かれます。

一体どんな人を雇っているかというと
僕の場合は主婦の人がメインです。

主婦になると
妊娠していて思うように働けなかったり
小さなお子さんの面倒で1日中家にいたり
旦那さんから外で働くのを禁止されていたり

人によっていろんな理由があるんですけど、
要は主婦の人たちは自宅で何か仕事がしたい
と思ってるわけです。

家でテレビを見ているよりかは
安い給料でもいいから何か仕事をして
美味しいデザート代にするとか
子どもの絵本代を貯めるとか

生活には困ってないけど働きたい
という人たちがたくさんいます。

そんな主婦の人たちがいれば
僕は雇うべきだと思ったわけです。

僕の場合は300円で
記事を書いてもらっています。

時給200円×1.5時間=300円
という計算です。

10記事書いてもらっても
たったの3000円です。

100記事になっても3万円。

100記事あれば
収益になることはほぼ間違いないので
3万円の回収も可能です。

仮に回収できなかったとしても
記事のおかげで多少のアクセスはきますから
そこから合わせ技を使って
収益を上げることもできますし、

100記事更新しているサイトというだけで
Googleからの評価は上がるので、
ネット上の資産として保有することができます。

マイナスになることはないってことです。

アクセスビジネスというのは
ある程度決まったことをやるだけなので
別の人に任せることができます。

つまりやることは

①ノウハウを学ぶ
②人に任せる

これだけです。

1人で黙々と作業するものじゃないってことです。

確かに1つのことを長くやり続ける
っていうのはカッコイイです。

僕もすごいと思います。

でもそれは個人プレイヤーとしての
視点に過ぎないです。

最終的な目的が
時間を作ることだったり
お金を稼ぐことだったら
絶対に外注化を行うべきです。

ずっとプレイヤーとしてやっていたら
お金も増えなければ、
時間も増えることはないですから
常に自転車操業スタイルで
働き続けないといけなくなります。

走り続けるのは相当つらいです。

その作業が心の底から大好きならいいですが
もし好きではない作業だとしたら、
単調な作業の繰り返しは苦痛でしかありません。

僕は1年間の起業でなんとか気づけました。

気づけたきっかけは
それだけではありません。

難病を患ったからこそ
外注化戦略にたどり着いたと思っています。

途中で痛感したんです。

毎日せっせと作業している自分を見て

このまま一生こんな作業してたら
体が持たない。

病気が悪化して
動けなくなったらどうするんだ?と。

お金も時間も増えねぇだろって。

運良く気づけました。

ある程度稼いでから
外注化をするのではないです。

稼ぐために外注化するのです。

そうすることで
お金と時間が増えていきます。

あと僕がここまで外注化を勧めているのは
人として大幅なレベルアップが
見込めるっていうものあります。

外注化をすると時間が生まれるので
他にもいろんなビジネスやれるし、
本を読めたり、経験値の高い体験を
意図的に選択することができます。

つまり成長スピードが異次元なんですよ。

ビジネス力が上がるし
高い視点からいろいろ
見ることができるようになるし
稼ぐお金も増えるし

外注化して人を雇った経験が
大きな財産となりました。

この記事のタイトル通り
僕の人生を変えてくれたのが
外注化戦略になったわけです。

1000円を稼ぐビジネスがあったら
500円で別の人にやってもらう。

差額の500円をもらう。

こんな視点を持つことが
経営者マインドになりますので、

お金と時間を増やしたい!
ビジネスで結果を出したい!

と思っている方は
どんどん外注化していきましょう。

それではまた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は難病ニートで
1円すら稼げないダメ人間でしたが、
今では毎月60万円を稼ぐようになりました。
235万円を超えた月もあります。

こんなことが実現できたのは
何もしてなくてもお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからなんです。

「めちゃくちゃ怪しい」
と感じてしまうと思いますが、
・知ってるか知らないか
・やるかやらないか
これだけの差しかないんだということが
わかりました。

どんな人でもできます。

ビジネスをやることで
お金は稼げるし、時間は増えるし
頭は良くなるし、コミュ力上がるし
感謝されるし、自信も付くし
本当にメリットだらけです。

一歩だけでもいいです。
前に足を踏み出すだけで
見える世界が変わってきます。

下記の記事では、ダメ人間だった僕が
月収60万円の仕組みを作る物語を公開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事