今でこそ感じる『大学』の無意味さ

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

僕は勉強ができなかったので
誰でも受かるだろって思われてる
大学に落ちました。

結果的に、
もっとレベルが下がった
バカ大学と呼ばれるところに
滑り込んで入学することができたわけですが、

なんというか、
大学に行く意味はなかったと
今では心の底から痛感しています。

どうしてかというと
大学に行く人たちの目標って
何かを学ぶことではなくて
単位をもらうために行くからです。

大卒の資格が欲しくて行く人が
大半を占めます。

僕は完全にそのタイプでした。

もっと上にあるトップクラスの大学だと
何かを学びたいからとか
資格ではない目的を持ってる人が
増えるとは思いますが、

それでも全体の5%程度
くらいなんじゃないでしょうか?

例えばもし
あなたが通っている大学だけ

単位がもらえない。

大卒の資格がもらえない。

という状況になったらどうしますか?

もしそうなったら
すぐにでも退学するとか
他の大学に入ろうと考えたりすると思います。

大学がすっからかんになるレベルでしょう。

友達もサークル仲間も
先輩もみんな辞めてしまうと思います。

当時の僕なら必ずそうしてます。

なぜなら
大卒の資格を取らないといけないと
思っていたからです。

みんな何かを学びたいっていうのは
二の次、三の次なんです。

そんな思考すらないかもしれません。

4年間遊ぶ時間を作るために
大学に来たと豪語する人も
たくさんいましたからね。

〇〇サークルが熱いだの
飲み会だの、合コンだの
バイトだの、旅行だの。

オタクの人たちになると
ゲームがどうだの
アイドルがどうだの
アニメがどうだの

それが優先されます。

「今しか遊べないからとことん遊ぶんだよ!」

ってことでしょうが、
それは言い換えれば
大学を卒業した後の人生は
ずっと遊ばないということでしょうか?

会社員になって
上司の悪口を言いながら
定年を超えるまで働きまくるってことでしょうか?

19歳とか21歳とか
大学に行かずに
ネットビジネスをしている人たちと
話したりすることもありますが

彼ら彼女らは

「社会人になっても遊べるように行動した」

「遊ぶために先にお金稼いだ。」

「遊ぶ時間を作るために勉強した」

とか言っています。

自立心があり
誰にも依存しないように
常に知識を身につけている。

そんな志が高い人たちです。

僕は何度もお伝えしていますが
知識を身に付けるっては最強の投資であり、
人生を攻略するための武器になります。

知識があることで
物事の本質がわかるようになります。

相手が何を考えているのか
何を求めているのかとか

「真実」や「嘘」っていうのを
見極めやすくなります。

見通せるというか。

そんな領域にまでくれば
会社員になっても、
社内トップに登ることもできますし

その気になれば
他の会社からこれでもかってほど
熱いオファーが来るように
仕掛けることもできるようになります。

大卒の肩書よりも
会社の看板よりも
人脈よりも

知識を身に付けるってのが
最優先でやるべきことなんです。

学ぼうと思ったら
大学に行かなくても
本屋に行けばたくさん本あるし
図書館に行けばタダで学べるんですよ。

ネットだけでも十分
情報や知識を探すことができますし。

ただ、大学となると
教授のクッソわかりにくい話しを
ただひらすら聞くだけという
完全なお葬式状態。。

テストになると
どれくらい記憶できたかの
確認作業をする始末。

あれはただの暗記ゲームです。

意味は全くありません。

学生の成績を付けやすく
するための策のひとつです。

正解or不正解

2つの道だけにすることで
公平にジャッジできます。

先生たちがラクしたいから
効率いいからやってるだけです。

すべてだとは言いませんが
こんな側面があるのは事実です。

それに暗記スキルが役立つことは
そんなにないです。

仕事だとメモを
見返せばいいだけの話ですし、

そもそも
文字面だけを覚えるってのは
機械に任せればいいことです。

今はこんなにIT技術が
普及した情報社会ですよ。

これからAI(人工知能)がますます
活躍していくわけですよ?

人間の脳みそなんてゴミ以下ですから
暗記なんてする暇があるなら

物事の背景だったり
裏に隠されてる意図とか
どういう視点があるかとか

そういう感性を磨いていかないと
生き残っていけないです。

そういうスキルが求められます。

どれだけの知識を暗記したか?=学力

暗記した人=優秀

みたいな変な公式があるから
勉強しても意味がないって思っちゃったり
学業と仕事のミスマッチが起こるんですよね。

学校で勉強したのに
仕事では全く役に立たなかった。

そんな事例は腐るほどあるわけです。

まぁ大学生が求めているものが

単位!単位!単位!

大卒!大卒!大卒!

となってるので、
ある意味マッチしてる部分も
あると思いますが苦笑

少し目を覚ました方がいいです。

確かに「大企業で働きたい!」という人であれば
トップクラスの大卒資格を
持っていないと就活で弾かれるとかありますけど、

結局、大企業に入ったら入ったで
そこから知識が必要になってきますからね。

大卒の肩書きってのが
通用しない。

そんな世界が待ってます。

それに大企業でも途中入社とかザラにあって
ヤフーに中途で入ったとか
リクルートに中途で入ったとか
よくあることです。

大学には行かずに
自分でビジネスやって結果出す。

その実績が認められて
大企業に入ったとかも
よくある話です。

頭使って考える。

これが重要です。

もちろん
肩書きがあるに越したことはないですが
知識ないとボロが出るよってことです。

それに「肩書き」に依存しすぎてる人は
肩書きを持ってる人に騙されやすいです。

自分より少しでもランクの高い
肩書きを持ってる人に会うだけで
うまく主張できなかったり
ペコペコ恐縮しちゃったりします。

完全イエスマンに成り下がるしかない。

そういうのは相手にバレますからね。
操られ放題です。

逆にですよ。

自分より下の肩書きを持ってる人に対しては
威張るようになったり
見下したりするようになります。

誰もついていこうとか思わないですから。

「肩書き」を軸に世の中を決めつけてると
これはかなり危険で視野が狭すぎます。

いつか必ず痛い目見ますよ。

他にも

「テレビに出てる有名人が言ってるから正しい」

「エリート弁護士さんが言ってるから正しい」

「〇〇専門家が言ってから正しい」

とか、

ものすごい肩書があるから
彼らの主張が正しい!

ってのは大間違いです。

そんな因果関係はどこにもないです。

そういうのに騙されないように
知識が必要だと僕は伝えています。

また知識を身につけることで
起業したとしても
お金を稼いで行くことができます。

というか、
会社員でバリバリ働くのは
時間も場所も縛られますし
もらえるお金の上限も決まってますから
僕は起業の方をオススメしてます。

特にネットビジネスです。

この日本が資本主義社会である以上
お金を持っていた方が
行動の自由が確実に増えます。

好きなときに寝て
好きなときに起きて

好きなものを買い
好きなものを食べ

好きなところに遊びに行く。

海外のビーチでのんびりすることだって可能で
世界旅行もできます。

そんなライフスタイルを
手に入れることができるのは
起業してビジネスを所有することです。

ブログを運営したり
SNSで情報発信をしたり
サイトアフィリエイトをしたり

小さく始められますからね。

「起業」といえば
大掛かりなイメージですが、
実際はそんなことありません。

稼ぐ→投資→稼ぐ→投資

ビジネスはこれの繰り返しです。

やればやるほど
お金も稼げるし
自信も付くし
経験も増えるし

知識を身に付けるって
最初の覚悟を決めた人であれば
十分に達成できる世界です。

何をやったらいいかわからない人は
とりあえずこれで実践積むといいです。

インターネットビジネス初心者の方へ【最初の1歩を踏み出そう!】

それでは

今日も仕組み作り!

ではでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は難病ニートで
1円すら稼げないダメ人間でしたが、
今では毎月60万円を稼ぐようになりました。
235万円を超えた月もあります。

こんなことが実現できたのは
何もしてなくてもお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからなんです。

「めちゃくちゃ怪しい」
と感じてしまうと思いますが、
・知ってるか知らないか
・やるかやらないか
これだけの差しかないんだということが
わかりました。

どんな人でもできます。

ビジネスをやることで
お金は稼げるし、時間は増えるし
頭は良くなるし、コミュ力上がるし
感謝されるし、自信も付くし
本当にメリットだらけです。

一歩だけでもいいです。
前に足を踏み出すだけで
見える世界が変わってきます。

下記の記事では、ダメ人間だった僕が
月収60万円の仕組みを作る物語を公開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事