『4つのNot』の壁は理解できていますか?コピーライティングの基礎のお話し

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

今回はコピーライティングについて
お話していきたいと思います。

コピーライティングの中でも
基礎中の基礎といいますか

『4つのNot』の壁という
かなり重要な知識がありますので
詳しくお伝えしていきますね。

まず、この4つのNotというのは
超簡単に説明すると
見込み客の状態が4段階あるんだよってことです。

これは一体どういうことかというと
見込み客といっても
将来的に商品を買ってくれる人もいれば
商品を買ってくれない人もいる。

相手にとって商品の印象がそれぞれ違うから
差が生まれてくるんです。

Aさん「この商品は良いから絶対買う」

Bさん「この商品の良いところがわからないから、今は買わなくていいや」

Cさん「この商品は必要ないから買わない」

というように

興味を持つ人もいれば
興味を持たない人もいるし

買う人もいれば、
買わない人もいる。

つまり、見込み客には
それぞれの段階があるということで
大きく分けると4つに分類できるわけです。

ここでこの4つのNotを紹介していきます。

①Not Open(開かない)

②Not Read(読まない)

③Not Believe(信じない)

④Not Act(行動しない)

1つ目のNot Open(開かない)という壁

このNot Openの段階では
見込み客からのアクセスがない状態です。

アクセスがなければ、
クリックもされないですし
興味も持ってもらっていない。

そもそも気づかれてもないので
見込み客が生まれることもない。

そんな段階です。

飲食店で言えば、
場所もわからないし
存在も知られてないから
誰も店に来ないという段階です。

このNot Openの壁を越えるためには
商品を売っていることを
認知させる必要があります。

事業や商品のことを
知ってもらうわけです。

「俺はこんなビジネスをやってるんだ!」

「こんな商品を提供している!」

中身がどうのこうのではなくて
存在してることを知ってもらうんです。

今は認知させるツールとして
ネットは最大限に利用できますから

ブログ記事を書いたり
YouTubeで動画を撮ったり
ランキングサイトに登録したり
ネット広告を出したり

いろんなやり方で
知ってもらうことができますので
この段階の作業をやればやるほど
見込み客が増えてきます。

見込み客を作っていかないと
ビジネスが成り立つことはありえないので
1番始めに超えなければいけない壁は
このNot Openということになります。

2番目のNot Read(読まない)という壁

Not Openの壁を超えたら
その次に見えてくる壁ですね。

Not Readです。

この段階は
事業やサービスが存在することくらいは
知ってもらうことができた。

しかし、なかなか商品が売れない。

そんな段階です。

Not Readの壁を越えるためには
より深く事業やサービスについて
見てもらうことが必要になるわけです。

もっとよく知ってもらうってことです。

Not Openだと
これくらいの認知レベルになります。

「ああ、なんかあるよね。その商品。名前なら知ってる」

「最近、広告でよく見るよね。あの会社。」

それに対して
Not Readになると

「あの会社の商品ってそんなにいいのかな?」

「ちょっと気になるな。調べてみようかな?」

これくらいまで見込み客の考えが変化します。

認知というよりも
『興味』を持ってもらえるレベルを指します。

興味を持ってもらえなければ
ブログや公式サイトを読んでもらうことはできないですし、
商品ページを読んでもらうこともありません。

商品説明を読んでもらうことがない
ってことは商品すら購入してくれないわけですから

ビジネスを展開していく僕たちは
常にNot Readの壁を越えるように
見込み客に読んでもらうように
アプローチしていくことが重要になります。

ブログを更新したら
必ず読んでくれる見込み客。

YouTube動画を出したら
必ず視聴してくれる見込み客。

メルマガを配信したら
必ず読んでくれる見込み客。

セールスレターを見せたら
必ず読んでくれる見込み客。

これらの見込み客を
たくさん作っていく必要があるということです。

3番目にNot Believe(信じない)の壁

Not Read(読まない)の壁を越えると
次に見えてくる壁はNot Believe(信じない)です。

いくら見込み客に読んでもらっても
信じてもらえないと
商品を買ってもらうことは永遠に来ません。

他にもこの壁の特徴には
理解できないとか
共感できないなどがあります。

理解できないというのは
商品の良さがわからないことがそうですし
商品を買うメリットがあるのかどうか
という将来性もわからないと
商品を買ってもらうことはありません。

見込み客は信じないってことですね。

それに大事なお金を有効的に使いたいと
見込み客は思いますから

無駄なことでお金を失いたくないし
失敗したくないという想いから
企業の告知をあまり信じない
ということにも繋がっています。

だからやるべきこととして
ビジネスで商品やサービスを
アプローチする僕たちは

信じさせなければいけませんし
共感させなければいけませんし
理解してもらわなければいけません。

いかに魅力的な商品なのか
相手にわかってもらう

そんな作業が必要な段階だということです。

4番目にNot Act(行動しない)の壁

①Not Openを超えて、アクセスきました。

②Not Readを超えて、読んでもらえました。

③Not Believeを超えて、信じてもらえました。

3つの壁を超えて、最後に見えてくる壁は
Not Act(行動しない)になります。

多くの人が決定するのが苦手なんですよ。
商品を購入するとか
お金を支払うという行為が。

先ほども言いましたが
失敗するかもしれないとか
お金を失うのが怖いとか
思ってしまいますし、

他にも面倒くさいと思ってしまうんです。

欲しいなと思ってから
商品を使うまでを想像すると
かなりのエネルギーを使ってしまうんですよね。

クレジッドカード情報を入力しないといけないとか
商品が届くまで3日くらいかかってしまうとか
商品を使いこなすのに1週間くらいかかりそうとか
購入後の面倒くさいことを考えてしまうと
決定するとか行動するのがイヤになるんですよね。

結局「いつでも買えるから、また今度でいいや」
みたいに、購入を後回しにしてしまうとか。

Not Believeで信じてもらうことができても
Not Actの壁で商品を買ってもらえない
なんていうパターンもたくさんあるので、
必ず見込み客に行動させるように
しないといけないんですよ。

【企業の商品がどこでつまづいてるかわかる】

世の中にある、
商品やサービスは
この4つで分類することができるので
いろいろ当てはめてみるとかなり参考になりますよ。

ちゃんと4つの壁を超えているから
商品が売れているとか

4つの壁でつまづいてるから
会社の売り上げが落ちているとか。

例えば、
商品開発のみに力を入れてる中小企業。

「いい商品は作ってるんだけど、売上が少なくてね」
「知ってもらえたらいい商品だってわかってもらえるのに」

とかいって全く儲かっていないところです。

こういう会社が儲からない原因は
Not Openの壁を超えていないから。

そもそも会社や商品が認知されてない。
知られていないから。誰も気づかない。

そんな最悪な状況です。

商品が良かろうが悪かろうが
まず知られないことには
何も始まらんのですよ。

〇〇の会社が
〇〇の商品を提供している。

最低限、これくらいは

存在を知らせる必要があるわけです。

知らない会社の
知らない商品なんて
誰も買わないですからね。

そもそも買うという選択肢すら生まれることはないので
とにかくNot Openの壁を何としてでも越える
ってことをしていくべきなのです。

ここで気をつけたいことは
いきなりNot Actの壁を
越えようとする人が多すぎます。

商品説明もしてなければ
相手との信頼も構築していないのに
無理やりセールスしたりする行為です。

相手にとって何がいいのかもわからないですし
必要ない商品を売り込まれても怒らせるだけですからね。
トラブルになったりしますし。

まずはしっかりNot Openの壁を越える
ってのが大事です。

Not Openが終われば
Not Readの壁を超えていく。

Not Readの壁を超えたら
Not Believeの壁を超えていく。

1つずつ壁を超えていけばいいんです。

そして最後に
Not Actの壁を超えていくんです。

いきなり商品を売っても
売れることはまずないですからね。

これって恋愛でも全く一緒なんですよ。

まず1番始めに越えるべき壁は
知ってもらうことです。

Not Openの壁ってことです。

知らない人と付き合うなんてことは
ありえないので。

そこから興味を持ってもらえるかどうか?
興味を持ってくれないと
話を聞いてもらえないです。

電話も出てくれない。
Lineも読まれない。
そんな状態。

Not Readの壁ですね。

話を聞いてくれないのに
告白してオッケーもらうことは
まずないです。

Not Readの壁を超えたら
次はNot Believe。

「この人の言ってることは本当なのか?」
「この人は本当にいい人なのか?」

こんな壁が出てきます。

そしてNot Act。

デートに行く段階だったり
告白して付き合う段階に移っていきます。

付き合ってるカップルは

①Not Openの壁=知ってもらえた

②Not Readの壁=聞いてもらえた

③Not Believeの壁=信じてもらえた

④Not Actの壁=恋愛成功

それぞれの壁を
順番に突破していってるわけです。

ビジネスと恋愛って
結局『人』ですからね。

共通点がかなり多いです。

ぜひ、この4つのNotは
使える知識になりますので
ビジネスでも恋愛でも使ってみてくれたら
嬉しく思います。

それでは、今日も仕組み作り!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は難病ニートで
1円すら稼げないダメ人間でしたが、
今では毎月60万円を稼ぐようになりました。
235万円を超えた月もあります。

こんなことが実現できたのは
何もしてなくてもお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからなんです。

「めちゃくちゃ怪しい」
と感じてしまうと思いますが、
・知ってるか知らないか
・やるかやらないか
これだけの差しかないんだということが
わかりました。

どんな人でもできます。

ビジネスをやることで
お金は稼げるし、時間は増えるし
頭は良くなるし、コミュ力上がるし
感謝されるし、自信も付くし
本当にメリットだらけです。

一歩だけでもいいです。
前に足を踏み出すだけで
見える世界が変わってきます。

下記の記事では、ダメ人間だった僕が
月収60万円の仕組みを作る物語を公開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事