『1日1食』+『プチ軽食』にすると最強。

こんにちは。

仕組み家の坂本昌平(さかもとしょうへい)です。

今日は食生活について
1日1食とプチ軽食にすると
生産性がクッソ上がるよという
お話をしたいと思います。

それではさっそくいきまーす。

ビジネスを始める前の僕は
1日3食しっかり取ることが
健康を維持させる最大の方法だと
信じきっていた。

親からもそう言われていたし
先生からも言われていたし

疑いようのない常識だと
思っていたのだ。

しかし、
それは食品業界が
マーケティング活動をおこなった結果に
過ぎないことがわかった。

日本の経済が発達するにつれ
もっと栄養を摂取するようにと
1日2食だったのを1日3食に
誘導されただけ。

日本国民が毎日1食増やすだけで
どれだけの経済が動くことか。

どれだけ食品業界が潤うことかは
誰でも想像しやすいだろう。

確かに汗水流して、毎日のように
肉体労働の仕事をしているのであれば
エネルギー補給としてまだ考える余地はある。

ただ、デスクワークが増えた今、
またネットビジネスをやってる人であれば
1日3食なんて食べ過ぎだ。

体を動かすエネルギーに対して
摂取する栄養の方が多すぎる。

自然の食材を使った料理ならまだしも
ハンバーガーやらポテトやらピザやら
たくさんの油が使われてる料理になると

常に腸をフル稼働させたとしても
消化不良を引き起こす。

ジャンクフード系は特にやばい。

ポテチもだ。

人間そんなに食事を取る
必要は全くないんだ。

食べれば食べるほど
消化エネルギーを使ってしまうから
思考に使える分が激減していく。

ヤバいくらい。

相当なエネルギーが持っていかれる。

朝から食事を取ると
午前中の作業から集中できなかったり
ぼーっとしてしまうなんてことは
誰しも1度くらい経験があるだろう。

7時に朝食を食べてから
12時に昼食を取ったとすると。。。

5時間。

たったの5時間だぞ。

5時間で朝食ったものが
消化できるわけがない。

それに昼メシを食べたら食べたで
午後から眠くなってしまう。

仕事も踏ん張らないといけないのに
なんか睡魔が襲ってくる。。。

どうしよー

仕事終わらないし、
めんどくさくなってきたー

となるのは当たり前だ。

腸内にある食べ物を消化することに
エネルギーを使ってるんだから
頭にまで栄養が行かないのだ。

こんなことを繰り返してたら
いつまで経っても
生産性の高い作業ができずに終わってしまう。

ここで、
アフリカの大地で
生き抜こうとしてる
動物たちをイメージしてみよう。

ライオンでも
ハイエナでもなんでもいい。

あいつらはお腹が空いてから
獲物を狩りに行くわけだ。

食料を確保しないと
命を落としてしまうから。

だから走り回って、臭いを辿って
必死で獲物を見つけるんだ。

そして、食にありつけたら
休息を取って、次の狩りに備える。

これが動物の本来のあり方だ。

しかし、人間は真逆を突っ走っている。

ご飯を食べてから
「さぁ頑張るかー」って

いやいやいや、

順番逆でしょーよ。

眠くなるでしょ。

頭働かないでしょ。

と僕は言いたいし、
今まで何度も睡魔に負けて
失敗してきた。

あああああまた寝てしまった。。。

くそー食べ過ぎた。

なんか頭がぼーっとするなぁ。。

作業がはかどらないなー
ちょっと横になろうかなーー

こんなことがよくあった。

散々失敗して、後悔もした。

そして時間も失ってしまった。

貴重な時間という資源を
無駄遣いしてしまった。。

どれだけもったいないことをしていたのだろう。

この経験からわかったことがある。

最大限のパフォーマンスを発揮できるのは
空腹のときなんだ。

お腹が空いてからが勝負なんだ。

1日何も食べなかったり
断食を経験したことがある人ならわかると思う。

お腹が空いてくると
感覚が研ぎ澄まされるあの状態。

身体中の神経がむき出しになって
足音とか、周りの些細な音ですら
聞き取れるようになる不思議な感覚。

人間が持つ特殊能力というか
第6感が発揮してるような感覚だ。

スポーツで言えば
「ゾーンに入る」とかよく聞くだろう。

常にこの状態を維持し続けることで
思考スピードも上がるし
作業スピードも上がる。

驚くほどに。

ビジネスが進めば、
さらにモチベも上がるから
より生産性を上げてくれるわけだ。

そう、

1日3食なんて必要ないんだ。

人間は最低限の食事で大丈夫なのだ。

じゃあ
最低限の目安はどれくらいか?
と言うと、

1日1食+プチ軽食。

これが答え。

まず朝メシは食べない。

しっかり水分補給はする。

そして、昼メシにプチ軽食だ。

どんなものがいいかというと
消化しやすい食べ物がベスト。

・ヨーグルト

・バナナやフルーツ

・ナッツ類

・小魚の干物

・サラダ

・野菜スープ

・味噌汁

・豆腐

この辺がいい。

ただし満腹度は20%まで。

プチ軽食だからね。

食べすぎると眠くなるし
生産性が下がるから
満腹度20%以上は摂取しないこと。

食べるものを曜日で決めて
ローテーションで回すようにすると
「何を食べようかな〜」と
毎日悩む時間を作らなくて済む。

時間の効率化を少しでもやっていく。

そして、夜メシに1食。

肉の日、魚の日、野菜の日と
曜日を決めてバランスよく摂るようにする。

「なかなかバランスよくってのが難しい!」
って意見もあるかもしれないが、
それは間違いなんだ。

1人暮らしでなかなか時間がない場合でも
コンビニで脂肪分が少ない
サラダチキンなんかも置いてあるし
魚なら缶詰でも摂取できる。

特にサバ缶は最強。

手っ取り早く食べれるし
1缶で100円〜200円程度で手に入るし
何より栄養価がまじで豊富。

ビタミンやらDHAやら魚にしかない栄養を
1缶だけで十分に補える。

簡単に言えば
血液をサラサラにして
血流を良くしてくれるんだ。

要するに
・学習能力の向上
・記憶力の向上
・うつ病になりにくくなる

などのメリットもあるから
サバ缶はポテンシャル高い食品ということ。

サバ缶の凄さは
また別記事で書こう。

キリがないので。

とにかく、
バランスのとれた食事を
心がけることが重要。

偏った食事が1番ダメなので
必要最低限の栄養を摂れるようにしておく。

また先ほども言ったが
食事メニューは考えておこう。

夜メシもローテーションを組んでおくことで
どんな食事を取ろうとか悩む時間を
なくすことができるからだ。

時間は貴重な資源だ。

大切に扱うんだ。

そして、夜の1食は
満腹度60%までにする。

それ以上お腹を満たしてしまうと
消化するまでに時間を必要になってくる。

睡眠にもかなりの影響が出て、
浅い眠りになってしまう。

睡眠不足になると
作業の効率が悪くなるという
悪循環に陥ってしまうのだ。

これは絶対に避けたい事態。

だからこそ夜の食事は
満腹度60%を上回らないように
することがベストというわけだ。

そして食べるときはよく噛むこと。

時間をかけて噛むことで
少ない食事でも満足感が得やすいし

食べ物を細くしてから
胃腸に入れることで
消化エネルギーをたくさん使わなくて済む。

便秘解消にもなるし
やって損はない。

あとは必要なのは
水分は1日の間にこまめに
摂ることも重要。

できれば常温水で
胃や腸に負担にならないよう心がける。

ここまでが記事タイトルにも書かれてある
1日1食+プチ軽食にすると最強だという意味だ。

確かに、食生活をあまり深く考えていないと
最初は意識にあげないといけないわけだが
やる価値はマジである。

習慣化するまで、
労力や時間を投資する価値は
その辺のモチベを上げるセミナーに行くよりも
10倍、100倍以上あるんだ。

そのくらい威力がある。

集中力が上がって、眠気も飛んで
最高のパフォーマンスを引き出すことができる。

ネットビジネスであれば
ブログ記事を書くスピードも上がるし
より深く学ぶことができるようになる。

仕組み作りで、
お金を稼ぐことも
簡単な作業としてやれちゃうわけだ。

1日1食。

そして

プチ軽食。

コレが最強。

普段から1日3食取っている人は
急に1日1食にするときついから
徐々に食事を減らしていくといい。

1日3食でもいいけど
満腹度100%から80%に減らしてみる。

80%に慣れたら70%に減らす。

次は1日2食に減らしてみる。

最終的に1日1食+プチ軽食まで持っていく。

少しずつ少しずつ減らしていくことで
体も慣れてくるようになるので、
ぜひやってみてほしい。

めちゃくちゃ体がすっきりするし
作業スピードが相当早くなるから。

1日1食+プチ軽食は
僕だけじゃなくて
コンサル生にもやってもらっているが
かなりの反響を受けた。

「ここまで変わるとは思ってませんでした」

「作業が進みまくって調子良すぎです」

「1日3食って間違ってたんですね」

とか、いろいろ。

やった人にしかわからないんだ。

1回でもいいから
騙されたと思ってやってみてほしい。

1日1食+プチ軽食を実践することで
高い集中力を手に入れることができるから。

それでは、この辺で終わりにしたいと思う。

今日も仕組み作りやっていこう。

仕組み家 坂本昌平(さかもとしょうへい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は難病ニートで
1円すら稼げないダメ人間でしたが、
今では毎月60万円を稼ぐようになりました。
235万円を超えた月もあります。

こんなことが実現できたのは
何もしてなくてもお金を生み出す
『仕組み』を作ってきたからなんです。

「めちゃくちゃ怪しい」
と感じてしまうと思いますが、
・知ってるか知らないか
・やるかやらないか
これだけの差しかないんだということが
わかりました。

どんな人でもできます。

ビジネスをやることで
お金は稼げるし、時間は増えるし
頭は良くなるし、コミュ力上がるし
感謝されるし、自信も付くし
本当にメリットだらけです。

一歩だけでもいいです。
前に足を踏み出すだけで
見える世界が変わってきます。

下記の記事では、ダメ人間だった僕が
月収60万円の仕組みを作る物語を公開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめの記事